事業内容

株式会社翌桧建設は、三重県四日市市にあり、東海エリアを中心に道路維持修繕工事事業を行っています。

国道での落下物回収、動物処理、道路の陥没等の簡単な道路応急処理など、道路維持をメイン業務としています。

また、それに合わせて、道路の草刈りなどの除草作業をして、通行車が安全に通行できるように維持しています。

メガソーラーを設置・施工する業務も行っています。

国道の除草

RIMG1794_R

国道の除草作業を行います。

国道の脇には沢山の草が生えています。

そのまま放置していると、車からは視界が悪くなり、歩行者が見えづらくなり、事故の原因となります。

また、害虫なども発生し、近隣住民の迷惑にもなります。

そのため、国道の安全を守るために、我々は除草作業を行っています。

除草作業を行うことにより、交通安全に繋がるだけでなく、見た目も綺麗になりすっきりします。

国道の道路維持修繕工事

DSCF5362_R

道路を維持修繕するために、当社は道路の安全を守っています。

道端に落ちている落下物の撤去
動物の死骸の除去
折れた木々などの障害物の撤去
道路の凸凹穴の応急処置
など

車が安全に通行できるよう取り組んでいます。

落下物回収

国道には色々な落下物が散乱しています。

ちょっとした物でも、速度を出して走行していると、乗り上げるだけでとても危険であり事故の引き金になってしまいます。

そのような落下物を的確に取り除きます。

DSCF5362_R

動物処理

残念ながら国道上では動物がよく轢かれて亡くなってしまいます。

亡くなった動物を更に自分の車で轢いてしまうのは残念なことです。

いち早く、動物を回収します。

国道の道路維持修繕工事

障害物撤去

道路上には色々な障害物が発生する場合があります。

台風で腐った木々が折れ曲がり道路を塞いだり、地震で落石が発生し大きな石が道を塞いでしまったり・・・

そのような自然災害などで発生した障害物を安全に取り除きます。

国道の道路維持修繕工事

道路応急処置

道路は車が走ると自然と劣化して行きます。

次第に凸凹した穴やヒビが発生し、車が通るたびに大きくなり、車に振動として大きな揺れを起こします。

当社では、国道をパトロールしながら、道路に異常がありましたら、穴を塞いだりして応急処置を致します。簡易的に安全を作り、安心して車が通行できるようにいたします。

その後、道路管理会社が、工事を実施します。

国道の道路維持修繕工事

メガソーラー施工・維持

DCIM100MEDIADJI_0107.JPG

メガソーラーとは、1MW以上の出力を持つ太陽光発電システムのことです。主に自治体、民間企業の主導により、遊休地・堤防・埋立地・建物屋根などに設置されています。

近年、エネルギーを取り巻く情勢の変化により、再生可能エネルギーへの関心が高まっていたが、2011年3月の東日本大震災に伴う原発事故による電力不足、さらに2012年7月に開始された再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)で採算性が確保されたことにより、国内でのメガソーラー建設が一気に加速しました。

当社は、メガソーラーの設置・施工会社であり、確かな技術力を有しています。